【悪用禁止】家をできるだけ高く売るコツを暴露します!知らないと大損!

家を高く売るコツとは? 家を売りたい

家を高く売りたい場合のコツは何か?
今回の記事はあなたの売りたい家を高く売るにはどうするか、
不動産屋である私がその方法をお話ししていきましょう!

中古車などの売却でもどうせ売るならできるだけ高く売りたいのは当たり前ですが、
特に不動産の売却では、ただ売って換金して、
生活費や遊興費にあてるということはあまりありません。

多くは何らかの資金源として考えて売却に臨むと思いますが、
あなたもそうではないでしょうか?

例えば相続税の納税資金の準備、
離婚の際の財産分与や養育費の支弁の為、
あるいは借金返済のためなど理由はそれぞれありますが、

ケースによっては「〇〇万円で売らなければ目的を達成できない」
という事情もあります。

売却金額を少しでも目標金額に近づけるためには、
不動産の所有者であるあなたも積極的に動いて情報を集めなければなりません。

家の売却は不動産業者の助力を得て進めるのが普通ですが、
プロであるからといって業者任せにしていると、
本来得られるはずの利益を逃してしまうこともあります。

今回は家の売却を考えるあなたに少しでも高売るためのコツをお教えします。

考え方の基本としては、
買い手から頂くことになる受領金そのものの額だけを見るのではなく、
出費など他の要素も総合的に考えて収支のプラスを、
できるだけ大きくするにはどうするかを戦略的に考えることです。

まずは基本であり最も大切な業者選びのコツから見ていきましょう。

不動産業者にも得意不得意がある

家を売るのが得意な不動産業者

 

あなたが自分の家を売るには不動産業者の力を借りずに、
自分一人で進めることも不可能ではありません。

しかし宣伝広告や契約実務、法的リスクの除去など実際の仕事を考えると素人では効率、
効果の点で非常に分が悪く、結局は相当不利になってしまうため、
プロの業者の助力が必須と考えて間違いありません。

ところが力になってくれるその業者の選び方を間違えると、
売却金額が大きく目減りしてしまったり、
最悪売れ残りってしまうという可能性も出てきます。

物件オーナーであるあなたは、
自分に有利な業者を選ぶ選定眼を身に着ける必要があるのです。

実際、近所のどこの業者に話しても
「うちでは売却は絶対に手伝いません」ということはないと思います。
業者にとってはいくらかでも手数料が入ればそれでよいからです。

ここでオーナーが気に留めておかければならないのは
「家の売却を得意としている業者」
を選ぶ必要があるということです。

不動産業者と一口に言っても実は様々な取扱分野があり、
家の売却仲介を得意とする業者もあれば、
賃貸物件の方が得意で売却はあまり経験が無い業者もあります。

そもそも仲介よりは自社で買い取って再販して利益を得たり、
改装して価値を上げて賃貸業で利益を出すのが本業という業者など様々です。

売却仲介が得意な業者でも、
マンションの扱いが得意なところと一軒家の方が得意なところ、
あるいは土地取引の方が経験が多いところなど、

得意分野や経験値は業者ごとに異なります。

一番その家を高く売ってくれそうな業者を選ぶべし!

家を売るのが上手な不動産業者

家の売却が不得手なところや経験が浅いところに万一依頼してしまうと、
誘客が上手くいかずに売却が成立するまでに時間がかかったり、
売却金額が下がってしまうこともあります。

特に家は価値の減少スピードが非常に早く、
売れ残りのイメージがつくと極端に売れにくくなってしまうので早く売るほどに高く売れるのです。

しかし実際に不動産業者を探してみると分かるように、
中小零細の業者がほとんどで数も多く、
選定に迷ってしまうことと思います。

基本的にできるだけ多くの業者に査定を依頼するのが不動産売却の鉄則ですから、
まずは一括査定サイトを利用して机上査定(簡易査定)依頼を出し、
広く浅く業者を募ります。

できれば同時並行で物件の地元不動産業者で、
机上査定に手を挙げなかった業者名は無いかどうかチェックします。

不動産業者が全て一括査定サイトに登録しているわけではないので、
もしかしたら有力な業者を取り逃している可能性もあるからです。

机上査定を依頼したこれらの業者の中から、
訪問査定(詳細査定)を依頼する業者を選別するとこになりますが、
この段階で各業者の情報をHP上などで自分で調べておきましょう。

机上査定で返答を出してくれた業者の中から、
家(マンションか一軒家かなどの種類も考慮)の売却が得意そうな業者を数社選び、
実際に家に呼んで訪問査定を受けるようにしましょう。

訪問査定では実際に担当者が現地まで来てくれますから、
この段階で査定額の根拠をしっかりと聞き、
事例比較などを用いて納得のいく説明を受けられ、
かつ相性が良い業者を選べば売却が有利に進むはずです。

注意点としては査定額が高ければ良いわけではないことに留意することです。

査定額はあくまで予測値であり、
その金額で売れることを保証するものではありません。

契約欲しさに根拠のない高額査定を行う業者もいますので、
その査定額の根拠を良く聞くことと、その情報を他社の担当者に投げかけるなどして、
話の信ぴょう性を問うことも必要です。

「A社はこんなふうに言っていたけど、
B社としてはこの査定額についてどう思う?」
などセカンドオピニオンのごとく聞いてみます。

するとその業者が抱えているこれまでの取引事例などの情報が少しずつ手に入るので、
さらにそれを使って他社に問うこともできます。

こうして最も重要な信頼性が強い業者の中から、
相性なども考慮して、
できるだけ高額な査定額を提示するところに依頼するのが安全です。

こうして少しでも有利に売却を進めてくれる味方を選び出したら、
次は売却する家そのものの価値をできるだけ上げて、
購入価格が下がらないようにする工夫を行います。

まずは大きな悩みどころとなるリフォームについて見ていきましょう。

リフォームで価値を上げて売るのは裏目に出やすい

不動産を売る時は自分でリフォームしない

 

リフォームが功を奏するはどうかはケースバイケースです。
ただ覚えておかなければならないのはリフォームしたからといって、
その費用分を売り出し価格に転嫁するのは難しいということです。

価値を上げて高く売るためにリフォームするというよりは、
お客さんにそっぽを向かれないように、
負の側面を補てんするためにするものだということを理解しましょう。

例えば壁紙が大きく破けていて見るからに印象が悪いとか、
あるいは雨漏りがするなど一見してその物件の価値が下がってしまうような「負の側面」を回復させ、
他のライバル物件と対等に戦えるようにしてやるためであればリフォームは検討する価値があります。

しかしこれを超えて「所帯持ちにアピールできそうだから」といって、
ボイラーを勝手に追い炊き式にグレードアップしてしまうのはあまり効果的ではありません。

だれもが追い炊き式を切望しているわけではありませんから、
数多いる見込み客すべてにアピールするリフォームは難しいのです。

仮に事前にリフォームしてもその分値段を上げてしまうと、
価格の面で他のライバル物件に見劣りしてしまい敬遠される危険が高まります。

結局支出したリフォーム代分、
オーナーが自腹で負担することになるのでその分損をすることになります。

ですから破れた壁紙の張り替えなど、
マイナスの状態から、その物件が本来持つ魅力にまで引き上げる以上のリフォームは、
事前に行うのではなく交渉ベースで進めるのが得策です。

すなわち、内見に訪れた見込み客から「畳を新しいのに変えてほしい」とか
「ウォシュレットを付けてほしい」などの要望があった時点で、
これを交渉材料として利用するのです。

実際に不動産業者のツテで安いリフォーム業者を使って、
要望通りにリフォームを施工してあげても良いですが、
売却成立を短期間に確実にするために

「じゃあリフォームは買い手さんの好きにして頂いていいので、
その分リフォーム代として〇〇万円負けてあげますよ」

として値引きを飲んだうえで、
「その代わりに今日中に契約してほしい」
などとお互いがwin-winとなる交渉をまとめることもできます。

こちらの方が「値引きしてもらえる」という大きなアドバンテージを持つことができ、
しかも自分の都合の良いようにリフォームができる、
あるいはリフォームを我慢して遊興費に使えるなど選択肢が買い手側にあります。

買い手側から見た「お得度」が増すため、
売却をスムーズに進めることができます。

少なくとも「ハズレ」のリフォームをオーナーが自腹で負担する危険を回避し、
売却金額の正味の儲けを増やすことができます。

このようにリフォーム施行の是非は状況によって変わってきますが、
これよりも手っ取り早く効率的に物件価値を上げる方法もあります。

効率よく家の価値を上げる方法

自分の家を効率よく売る方法

 

土地と違って家は人が食事をしたり入浴したりくつろいだりと、
各部屋で自分がどのように生活するのかを意識することになるので、
どうしても直感や第一印象が強く働いてしまいます。

内見の時には必ず、
訪問者はその空間で自分が生活する様子を想像し、
長く住む空間として合格か否かを見極めます。

人の第一印象を悪い方向に向けてしまうのが、
「汚れ・破損」と「圧迫感」、そして「薄暗さ」です。

よく内見対策の基本として言われるのが、
「より綺麗に」「より広く」「より明るく」の3つですが、
これは第一印象が悪くならないための基本策であるからです。

まずより広く見せるためには、
家中の全ての家財道具や物品を運び出しておき、
内見時には家の中には何もない状態にしておくのが望ましいですね。

引越しの関係で、
どうしても物品が残っている場合でも隅に寄せてまとめておき、
空間をできる限り広く見せるように努力が必要です。

また、より綺麗に見せるためには、
家中を徹底的にクリーニングする必要があります。

この点、
支出負担を避けようと自分でできる範囲でとどめようとする人がいますが、
あまり感心できません。

少なくとも風呂場やトイレ、
台所などの水回りや汚れの激しいところは、
専門のクリーニング業者を入れて徹底的にクリアランスするべきです。

素人では難しい部位のカビとりや、
換気扇の掃除などを専用の機材や洗剤を使って効果的にクリーニングしてくれます。

小さなマンションであれば数万円程度の出費で済みますから、
これくらいは必要経費と考えても損にはなりません。

逆にクリーニングをケチると印象が悪くなり、
買い手がつきにくくなり売れ残りリスクを高めたり、
大幅な減額を求められる結果となって帰ってきます。

また裂けた壁紙の張り替えなど、
最低限のものであれば積極的に補修を検討しても良いですが、
それ以上のリフォームは費用倒れになる可能性が増えるので避けるのが無難です。

最後に、より明るく見せるためにはカーテンなど邪魔なものは一切外し、
射光を遮る荷物などは置かないことはもちろんですが、
内見時には家中の照明をつけることができるようにしておくことも大切です。

どんなに明るい時間帯でも、
必ず照明は全てつけて最大限の照度を保てるようにしてください。
また状況が許せば内見を日中の時間帯に絞るのも有効です。

照明がついても薄暗い夕方や、
夜間はどうしても人間の印象として暗く映ってしまうので、
物件をより良く見せるという目的からは効果の点で日中より劣ります。

内見対応は基本的に不動産業者が案内しますのでその都合もあるでしょうが、
オーナーとしてお願いベースで頼んでみても良いでしょう。

さてこのようにオーナーさんの努力とクリーンニングなど、
わずかな投資によって物件の価値をダイレクトに増強することができます。

「どうせ売ってしまうのだから」と考えてをかけないと、
その家は途端に第三者からの評価を下げてしまいます。

我が子の門出に最大限の演出をしてあげるように、
これまで大切に住まわれた家の印象を極力高めて有利な売却を成功させましょう。

あなたの家を高く売るにはこれだ!

あなたがもし今家に住んでいるがローンが残っている、
そういう事であれば是非高く売るような不動産業者を見つけるべきです。

その為には複数の不動産業者で査定してもらうのが一番。
今なインターネットで簡単に査定が申し込めます。

全国の不動産会社で査定することが可能なので、
あなたの地域に詳しく信頼や実績があり、
土地を一番高く売ってくれる業者を見つけましょう。

やるやらないは抜きにしてここは便利なので、
とりあえず見ておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました